雪どけの会 4

Aさん

僕は滋賀から来た。と聞いて驚くばかりですが、
先生の追っかけというのも名前…な…な…言葉がちらっと聞こえたけど
追っかけをするような先生でもないのに(笑)
僕は不思議でしたが 先生とは去年の夏でしたか お会いして
まだそれほど時間が経っていないのですが、
何回かお会いするうちに
先生は歌が好きらしいことがわかったので、
僕の昔の趣味とぴったしだったので
これで 2曲先生に作って、
1曲目は先生が歌など歌ってくれたから
2曲目も歌ってくれると期待していますが、
是非また僕の歌をみんなに聞いてもらいたいと思いますが、
さっき ふざけて言っていたのは
僕は目指すのはコブクロのような太い上手な歌声なのですが、
先生の声は どう頑張っても ゆずまでにしかいかないので
ゆずは やっぱり 毎朝 最近流れているから
皆さんご存知でしょうが、
ゆずは けっこう心はこもっているけど
声がそんなに太くないので コブクロには 圧倒的に負けていますが、
(そんなの若者で話してんの?) 実は 若者たちの間では コブクロは大人の歌で
ゆずは若者となっているのですが、
先生 この間 学生から聞いたのですか
(学生が こんな話してた) ゆずには心があるという話もしていましたね。
(ゆずには ソウルがある) ゆずには 心があるのは 大人には なんだかわからないらしくて、
コブクロの方が 圧倒的に上手いとみんな言うけど
コブクロは上手いだけで 心も入っているけど
ゆずはコブクロに負けないというのが 若者の理解ですが、
そんなことを 僕達は若い頃から言い合ってきましたが、
僕は 目指していたのは
でもやっぱりコブクロだったのは 僕の声は黒田に似ているからで、
ゆずの声は 先生みたいな声で どちらかというと細い人はゆずで
太い方はコブクロということになりますが、
そんなことを 昔はよく言い合っていて まさか
こんな状態になって そんな話が出来るとは思いもよらなかったので、
また そういう面白い音楽の話も出来たらと思いますが、
先生が 黄色い声でギターで歌うのは とても楽しくて
また今日も 歌を聞いてもらいたいと思いますが、
さっき らりるれろの響きが美しいと言ったのは そうですね、
僕は 今日の歌には にれという…にれの木を入れたのですが、
にれという音の響きが 昔わからなかった美しさを伝えてくるので、
にれの木が 何だかよく分からないのに にれの木を歌に入れました。
前回は 本当に思い出のなかにある キンモクセイを入れたので、
響きではなくて美しいキンモクセイの木そのものだったけど、
今日は にれの木陰が響きとして美しいので にれの木を入れましたが、
ら行が美しいとは 初めて聞きました。
そういう感性の鋭さは やはり僕ら凡人には
とても分からないことで、
ずっと生まれてから そういう風に感性を研ぎ澄ましてきた人達は
そういうことがすぐにわかるのですね。
僕はこうやって体が動かなくなって
何故 にれという言葉が気持ちに引っ掛かるのか不思議だったけれど
響きが美しいからというのは 初めて聞いて納得しました。
やはりじっとこの状態で生きてくるということは
意味があることで、僕ら 途中まで そういう状態を知らなかったので
やはり 小さい時からずっとこういう状態にいる人達は
研ぎ澄まされた感性をしているのだと つくづく改めて思いましたので、
さっき 僕らから学ぶと言ったけれど
僕らがあなた方に教えるのは ドロドロと汚れた事ばかりなので、
清らかなことばからは ほとんど何も学べることはないと思うけど、
そういうドロドロとしたことが役に立つ時は
役に立ってあげたいと思いますし、
特に 意地悪な人間がやって来た時の対処の仕方は
僕らはよくわかっているので
小さい時は 僕らも純粋だったけれど、
中学 高校ぐらいになると 本当にどす黒いことも いっぱい考えてやってきたので、
悪い奴のことは よく分かっているので、
悪い奴が来たら 蹴散らすのは たぶん僕らはみんな得意だと思うし、
さっき ちょっと話をしたH君は そうとう得意そうな気がするので、
僕らにかかれば 少々 理屈をこねて
いろいろ僕らのことを批判する人達に対して、
いくらでも言い返すのは得意ですから
そういう面では頑張って 汚いものには汚いもので対抗しようと思うので 安心してください。
そういう面白い会話が出来るなんて 本当に不思議ですが、
そういう感じで Hさん 是非 この話を引き継いで
どうも何か とても面白い人みたいなので、
是非 話をどんどん面白くして 普段ちょっと暗くなりがちな僕たちの人生を
もう少し明るく彩りたいので、よろしくお願いします。
[PR]

by tanpopo-hana | 2014-02-13 21:49